最新更新日:2021/02/24
本日:count up83
昨日:253
総数:20279
学びあい、つながりあい、一人ひとりの未来をひらく〜自立、協働、創造に向けた主体的な学びを支え、可能性を最大限に伸ばす〜

国産黒毛和牛の、牛肉たっぷりすき焼き!

画像1 画像1
画像2 画像2
(写真1:国産黒毛和牛の、牛肉たっぷりすき焼き!)
(写真2:牛肉たっぷりすき焼き、ツナとにんじんの甘酢あえ、つぼ漬け)

1月29日、2月1日の小学校給食献立は、牛肉たっぷりすき焼き、ツナとにんじんの甘酢あえ、つぼ漬けです。(写真1、2)
牛肉たっぷりすき焼きの牛肉は、高ランクの「国産黒毛和牛」です!名前通り牛肉たっぷりなすき焼きで、とっても美味しいと、子どもたちや先生方も喜んでくれたようです。
国産・大阪産(もん)のファンができ、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い需要が減少している、国産和牛肉などの生産供給体制確保の一助になれれば幸いです。

大阪産(もん)の泉(いずみ)たこ!

画像1 画像1
画像2 画像2
(写真1:大阪産(もん)泉たこのから揚げ!)
(写真2:泉たこのから揚げ、みそ汁、小松菜の煮びたし)

今年の給食週間のテーマは「国産食材」です。
1月27・28日の小学校給食献立は、泉たこのから揚げ、みそ汁、小松菜の煮びたしでした。(写真1、2)
泉たこは大阪産(もん)として、大阪府で水揚げされた大阪の特産として認められており、地域団体商標として登録されています。大阪湾は魚庭(なにわ)の海といわれ、たくさんの種類の魚介類がとれます。なかでもエビやカニなどのえさが豊富で潮の流れが穏やかなことから、風味よくやわらかいたこが育っています。
小学校でも、味がよかったと子どもたちに好評だったようです!

教育子育て委員協議会調査

画像1 画像1
画像2 画像2
本日、教育子育て委員協議会調査が行われました。
コロナ禍の状況を踏まえ、オンラインによる授業視察を初の試みとして実施しました。
本庁の第1委員会室と枚方市立磯島小学校をオンラインで結び
6年3組の理科の授業の様子をご覧いただきました。

授業では「発電と電気の利用」
「私たちの生活野中で、どんどん発光ダイオード(LED)が使われ始めているのはなぜだろう?」
という課題に対し、子どもたちがグループや個別に調べながら実験を進めました。

子どもたちはタブレット端末(iPad)を活用して、自ら調べ、実験記録をとり、考えをまとめるなど自分に必要な機能を見極めて授業を受けていました。

また、タブレット端末(iPad)だけではなく、実験器具を扱うことや、仲間と交流しながら課題解決に向けて知恵を出し合っていました。

実際の実験では、うまくいかなくても解決に向けて話し合ったり、実際に成功したい時には「めっちゃキレイ‼」など歓声が上がりました。

磯島小学校長の新保校長先生からは
今日の授業では、さまざまな使い方にチャレンジした。
授業の様子は感じてもらえたのではないかと思う。と感想をいただき、

委員長である大地議員はじめ、委員の皆様からは
学校での困り感や、トラブル対応、教職員の活用などについて
校長先生と交流していただきました。

その後の協議会では、
各委員の皆様より
今後のさらなる促進に向けて、業務改善の視点や子どもたちの身体に関わることなど、様々なご意見をいただきました。

今回初のオンライン視察ではありましたが、子どもたち様子がリアルタイムで見ることができました。
まだまだ、オンラインによる視察や交流には課題がありますが、今後も引き続きトライしていきたいと思います。
そして、この状況が早く収まり、たくさんの人が直接学校に訪問し授業の様子や子どもたちの姿を見れる日が来ることを願うばかりです。

本日いただいたご意見を含め、さらに枚方市のICT教育の推進を図っていけるよう取り組んでまいります。

業務改善推進校への訪問

業務改善推進校の3校(開成小、樟葉小、伊加賀小)を訪問し、これまでの取り組み状況の確認と今後の計画について話を聞いてきました。
3校に共通していたことは、以下の通りです。
・職員の当事者意識が高く、取り組みがボトムアップ中心で、自走していること。
・職員のモチベーションを高め支える管理職のしかけが的確で、現状にマッチしていること。
・管理職も職員も、取り組みの効果を体感し、楽しんでいること。

業務改善は1日にしてならず。
必ず現在の取り組みが教職員の資質・指導力の向上へとつながり、子どもたちへの教育活動に還元されていきます。今後もその歩みが加速していくよう、市教育委員会は学校支援を進めて参ります。
詳しくは、現在作成中の「学校における働き方改革推進について」第3弾をお待ちください。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

★川越小&菅原東小への訪問★

画像1 画像1
画像2 画像2
(画像:上 川越小学校  下 菅原東小学校)

菅原東小学校は業務改善推進校として様々な取り組みを昨年度から行っています。川越小学校は、11月に業務改善研修の依頼があり、研修を行った学校です。

■川越小学校墨川校長は、11月の研修で教職員から出た「会議時間の短縮と質の向上」のために、企画運営会議や職員会議のあり方について再確認し、見直しを図りました。そこには、教務主任(木村教諭)が以前10年目経験者研修で学んだことを生かしています。墨川校長がしっかりとした組織づくりやその中での人材育成を大切にしていることがよくわかりました。
■菅原東小学校大舩校長は、教職員が生き生きと働ける職場をつくりたい!という強い思いを持っています。先生が元気であれば、子どもたちはホッとする。先生がニコニコしていれば、子どもたちは、なんだか楽しい気持ちになる。ワクワクする。学習にも意欲的になる。先生同士の同僚性も高まる。学校の課題に対し、教職員が主体的に創造的にアイディアを出し、それを精査し組織として実行することを大切にしていることがよくわかりました。

どちらの学校の話からも、学校で働く者の「やりがい」に通ずることがたくさんありました。
(詳細は、現在作成中の「学校における働き方改革推進について」第3弾までお待ちください!)

令和3年度第1回教育委員会定例会・協議会 教育委員の所感(谷元教育委員)

□はじめに
昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大が、教育や社会に様々な変革をもたらしました。
文部科学省は、G I G Aスクール構想を前倒しし、児童生徒に一人一台のタブレットの配備や高速大容量の通信ネットワークの整備をはじめ、教育の情報化を具体的に進めることにしました。I C Tを活用した教育は、多様な子どもたちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された教育の実現を目指すため、学びの選択肢を増やし新しい学校教育のあり方を改めて考え見つめ直し、教育の可能性を広げることに繋がるものです。
新学習指導要領の学びの姿には、「これからの社会がどんなに変化して予測困難になっても、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、子どもたちそれぞれが思い描く幸せを実現してほしい。」と書かれています。
社会が変革し予測困難な今、子どもたちの未来への可能性を最大限に伸ばすため、枚方市教育委員会が作成を進める枚方版「教育モデル」が、未来を生きる子どもたちの学びを深め人生を切り開くスキルを身に付けられるよう、教育委員会が一体となって枚方市の教育改革に取り組んで参りましょう。

□校長面談
さて本日は、昨年11月26日から12月24日にかけて実施しました校長面談について報告したいと思います。今回の校長面談は、I C Tを活用した授業改善を中心に各学校の進捗状況を聞きました。I C Tを活用した授業改善が進んできた学校には、主に5つの特徴がありました。
1点目は、校長がビジョンを持ちリーダーシップが発揮でいている
2点目は、I C T推進チームやワーキングチームを組織し、組織的な取り組みを進めている
3点目は、I C Tを活用し、ペーパーレス化などの業務改善に取り組んでいる
4点目は、Googleクラスルームなどのアプリを使って家庭との連携ができてきた
5点目は、学校のブログを充実させ、情報発信を積極的に行おうとしている
の5点です。
これらの取組を進め、活用が進んできた学校の校長先生は、面談でも意欲的で自信に満ちた報告をされ、中にはiPadを使って学校の取組をプレゼンする校長先生もいました。子どもたちが生き生きと授業や家庭学習に取り組んでいる姿を見て、教職員も以前にも増して頑張ってくれていると大変喜ばれていました。
小学校では、iPadを活用し、ロイロノートを使って子どもたちに思考力や表現力を育てようと授業改善に取り組んでいたり、思考ツールを使って校内研究協議会での協議に活かしたりしている学校がありました。
小学校では、以前から大型テレビが教室に設置されており、書画カメラを使って発表したり、ノートに書いた自分の考えを説明したりしてきました。iPadとアップルT Vの導入により、自分の考えを発表したり友達の意見を共有したりすることが効率的・効果的にできるようになったようです。
一方中学校では、教室に大型テレビが設置されていないため、先生がプロジェクターを教室に持ちこみ、書画カメラやタブレットに繋いでいることが、結果としてミライシードのようなアプリを使った授業改善が進まない要因の一つになっているように思いました。しかし、教科会を活発に行うことで授業改善を図ろうとしている中学校では、iPadの活用も多く校内研究も進んでいるという報告がありました。生徒会活動や文化祭、SDG’sを総合的な学習で取り組んでいる中学校は、iPadの活用も多くGoogle FormやGoogle Classroomの活用も進んでいるということでした。
今後は、iPadを活用し、授業改善・業務改善・家庭学習・家庭との連携をさらに進めてもらいたいと思います。そのためには、教育委員会がそれぞれの学校の実態や課題をしっかりと把握し、どのような支援が必要か、具体的な学校ごとの方策を考え組織的に対応していく必要があります。特に活用が進んでいない学校には、集中して指導・支援する必要があります。
iPadが配備されてそれほど時間も経っていない今、すでに学校間に差が生じているという事実を、教育委員会はもっと重く受け止めなければなりません。活用が進んでいない学校は、
1点目の、校長がビジョンを持ちリーダーシップが発揮でいていない
2点目の、I C T推進チームやワーキングチームを組織し、組織的な取り組みを進められていない。
この2点が大きな課題として挙げられます。
そのため、学校で具体的な目標やロードマップ、アクションプランを作成していても、机上の空論になってしまっているように思いました。
3学期が始まり新型コロナウイルスの感染が拡大している状況が続いています。枚方市の児童生徒に新型コロナウイルスの陽性者が出た学校も報告されはじめました。
枚方市教育委員会は、新型コロナウイルス感染症の拡大への備えとして「I C T機器を活用した新型コロナへの対応についてのガイドライン」を示しています。枚方市のすべての小中学校が、そのガイドラインに沿った対応ができるよう周知徹底と指導・支援をお願いします。

□枚方市成人祭「はたちのつどい」
次に1月11日に開催予定であった枚方市成人祭「はたちのつどい」についてです。
当初、枚方市成人祭「はたちのつどい」につきましては、「新型コロナウイルス感染症の動向が心配な中ではありますが、本式典が新成人にとって一生に一度の大切な式典であることに鑑み、さまざまな感染対策を行いながら予定どおり開催する。」としていました。
しかし、新型コロナウイルス感染症の状況が、昨年末から新年にかけ拡大傾向となり、ご存知の通り1都3県では国が緊急事態宣言を発出することとなりました。その後大阪でもその傾向が強まり枚方市では、新成人の皆さまやご家族の皆さまの安全安心を最優先し、「延期」することを決定しました。直前の変更となり、新成人の皆様をはじめご家族、関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけし誠に申し訳なく思っております。
また延期の周知に関する対応に当たっては、電話による問い合わせへの対応、新成人個人宅へのポスティング、市の広報車による巡回放送、ポスターの掲示、さらに11日当日は、各中学校の校門に従事者を配置し新成人が来られた場合への対応など大変ご苦労をおかけしました。心より感謝申し上げます。尚、延期された成人祭「はたちのつどい」は、感染拡大の防止を強化しながら3月28日に開催することが決定しました。新型コロナウイルスの感染が終息に向かうよう祈りたいと思います。
最後に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、1月14日には大阪、兵庫、京都等7府県にも緊急事態宣言が発出されました。事務局の皆さんには、ご心労をおかけしながら業務に従事していただいております。
あらためまして、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

小学校でなにわ黒牛カレー!

画像1 画像1
画像2 画像2
(写真1:小学校:極上なにわ黒牛肉のカレー!)
(写真2:なにわ黒牛カレー、コロコロソテー、福神漬)

小学校の1月25・26日の献立はなにわ黒牛カレーです!(写真1、2)
文部科学省では、学校給食の意義、役割等について児童生徒や教職員、保護者、地域住民の理解と関心を高め、学校給食のより一層の充実と発展を図ることを目的に、毎年1月24日〜30日までの一週間を、全国学校給食週間としています。
1月25日〜2月1日には、泉たこ(いずみたこ)や牛肉たっぷりすき焼きも登場します。
大阪府の補助金事業を活用することで実現した、いつもよりちょっと高級な食材の、牛肉や泉たこを美味しく味わってくださいね!

芥川賞マラソン スタート!!

画像1 画像1
芥川龍之介賞(通称「芥川賞」)の受賞作品を全部読むことをマラソンに見立てた、「芥川賞マラソン」に挑戦してみませんか?

●目標:読破(完走)

●賞品:達成感

自分のペースで参加、休憩、ゴールできます。

駅伝ではないので読む順番も自由!いつ始めてもOKです。

「人生というレースはとても長い。途中で歩いてしまってもいい。とにかくゴールを目指すという気持ちを忘れなければいいのだ。その姿は、きっと誰かが見ていてくれるだろう」、メキシコ五輪の銀メダリスト、君原健二さんの言葉です。

自分の「体力、気力、努力」(金栗四三の言葉)に合わせて、チャレンジしてください。

https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000028120.html

【重要】図書館は2月7日まで臨時休館を延長します(新型コロナウイルス感染拡大防止) [2021年1月21日]

枚方市新型コロナウイルス対策本部会議の決定に基づき、枚方市立図書館は2月7日(日曜日)まで臨時休館を延長し、引き続き、予約資料の受渡しを行います。

【ご注意】なお、緊急事態宣言の主旨に則り、香里ケ丘・楠葉・菅原・さだ・御殿山・牧野・津田各分館における予約資料の受渡しは、月曜日から土曜日の終了時間を午後8時までとさせていただきます。

2月8日以降の状況については決まり次第、ホームページ等でお知らせします。
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000033219.html

画像1 画像1 画像2 画像2

子ども1人ひとりに応じた支援・指導のさらなる充実を!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本市では、文部科学省が示すGIGAスクール構想を受け、実現に向けて全市立小中学校の児童・生徒へひとり1台のタブレット端末を配備し、学校や家庭など、様々な場面での活用を推進しているところです。
このタブレット端末を用いて、子どもの気持ちを可視化して把握し、個に応じた支援に活かすことを目的に、市内の中学校区の児童・生徒を対象に、子どもの気持ちを可視化するツールのモデル運用を実施します。
モデル運用に先立ち、1月20日、実施中学校区の教職員を対象に、操作や活用等の研修会をオンラインで実施しました。研修の様子は大画面に写し、教職員は各々のタブレットを操作しながら、熱心に話を聞いていました。
様々な角度から子ども一人ひとりを把握し、個に応じた支援・指導がより充実するよう、学校と教育委員会が連携して取り組んで参ります。

ICT機器を活用した新型コロナへの対応についてのガイドラインについて

 枚方市教育委員会では、昨今の新型コロナウィルス感染症拡大への備えとして、ガイドラインを作成しております。様々なケースが想定されますが、順次導入をしておりますタブレット端末を最大限に活用し、学校が子どもや家庭と「つながり続ける」「学び続ける」ように努めています。
画像1 画像1

極上なにわ黒牛のビーフシチュー、なにわ黒牛カレーも!

画像1 画像1
画像2 画像2
(写真1:中学校:極上なにわ黒牛のビーフシチュー)
(写真2:ビーフシチュー、ハムとキャベツのサラダ、みかん、食パン:美味しくいただきました!)

中学校給食の、1月18日のビーフシチューのお肉は、極上なにわ黒牛でした!(写真1・2)
市場に出回らない希少価値のある極上なにわ黒牛は、月5頭しか出荷できない、純粋黒毛和牛で、有名ホテルやミシュラン店でも提供されています。大阪では唯一の牧場で、こだわりの飼料・ストレスのない環境で育てられているとのこと。(なにわ黒牛についてのホームページより)
大阪府の補助金事業を活用することで、この充実したリッチな献立が実現しました!

小学校では、1月25・26日に「なにわ黒牛カレー」(極上なにわ黒牛肉使用)が登場します!副菜はコロコロソテー、ごはんには福神漬がつきます。
子どもたちにも話題の献立、楽しく美味しく味わって、いのちをいただくことへの感謝の気持ちも、つちかってくださるとうれしいです。

業務改善推進校の実践〜まとめの時期に〜

画像1 画像1
(画像:実践事例集 第2弾作成中)

10月に発行した業務改善推進校の取組事例集は、学校現場から好評で、10月以降の取り組みについても知りたい!という声を多くいただきました。
この事例集をきっかけに、自校の教職員の働き方について話し合い、改善に向けて進み出した学校があります。また、大阪府外の教育委員会や学校現場から取り組みについてお問い合わせ頂くこともありました。

今年度も、残すところ約2ヶ月となり、推進校はそれぞれ校内での実践をまとめています。それらの中から、市内に発信する内容について、教職員課内で検討し精査しているところです。
いい取組が広がることで、枚方市立小中学校全体が今以上に働きやすい職場環境になることをめざしています。

「教職員が元気な学校は子どもたちも元気な学校」をスローガンに取組を推進しています。
↓↓↓
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000032838.html

枚方市では、現在、小学校講師(任期付職員)を募集してます!!
↓↓↓
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000033390.html

重要 【延期日の決定】枚方市成人祭「はたちのつどい」は、令和3年3月28日(日曜日)に開催します

新型コロナウイルス感染症の拡大状況に鑑み延期させていただきました、令和2年度 第72回枚方市成人祭「はたちのつどい」を、令和3年3月28日(日曜日)午前11時から各枚方市立中学校体育館で開催することといたしましたので、お知らせします。

式典を待ち望んでおられた多くの新成人の皆さまをはじめ、多くの関係者の皆さまにはたいへんご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。
詳細は枚方市ホームページをご確認ください。

なお、対象者には1月下旬までに案内状を送付いたします。

また、1月11日(月曜日)の開催を延期したことに伴うレンタル衣装等のキャンセル料への助成については、検討を進めています。



成人祭の延期に関することは、下にお問い合わせください。

「はたちのつどい」相談窓口(教育政策課)

電話:050・7105・8056、FAX:072・851・1711

Mail: kysoumu@city.hirakata.osaka.jp

教員採用テストのPRに協力しました!

大阪府教育庁から、令和4年度大阪府公立学校教員採用選考テストのPRの協力について、牧野小学校に依頼がありました。
教員をめざす方々に向けて、先輩からのメッセージということで、今年度新規採用者の西村教諭が、自身の体験を基にして、教員という仕事の魅力を伝えます。
ポスター・リーフレットの写真撮影では、最初は緊張した様子の子どもたちでしたが、徐々に自然体の輝く笑顔が見られ、業者のカメラマンさんも軽快に次々とシャッターを切っていました。
教員の卵の皆さんに、枚方の学校から魅力を発信できることを嬉しく思います。多くの方々に見ていただいて、大阪の魅力ある教育現場で共に働きたいと思っていただけると幸いです。
画像1 画像1
画像2 画像2

枚方初の民間校長を紹介

画像1 画像1 画像2 画像2
□第9回校長会において、任期付き採用予定者の榊 正文(さかき まさふみ)さんがオンラインで紹介されました。
・榊さんは民間企業取締役や大阪市区長のご経験を経て、令和3年4月から枚方市内小学校長として赴任されることが決定しています。
・1月から3月末までは、市教委において様々な研修を受講される予定であり、毎日充実した日々を送っておられます。
ご期待ください。

第9回校長会 奈良教育長〜年頭の所感〜

画像1 画像1
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
□コロナ感染について
校長先生方には、健やかに新年をお迎えになったことと、お慶び申し上げます。年末年始は、コロナ禍の渦中にありましたが、少しはゆっくりと休養していただけたでしょうか。
昨年中は、校長先生方はじめ教職員の皆様には、新型コロナウイルス感染症の感染防止や新しい生活様式などへの取り組み等で、大変ご心労をおかけいたしました。
年が明けても、コロナの感染は第三波となって拡散しており、大阪府においても、緊急事態宣言がなされるなど、予断を許さない深刻な状況を呈しています。
本市におきましても、陽性者が急増しており、児童生徒の陽性者も増加し、PCR検査を受ける児童生徒は急増しています。子どもたちの感染経路は、ほとんど家庭内感染であり、幸いなことに学校において感染が広がったケースはありません。これも、各学校の感染防止に向けた取り組みの成果だと思っています。

□成人祭について
さて、本年度の成人祭二十歳の集いは、安全を第一に考え、急きょ延期といたしました。
ギリギリでの延期決定となったことから、全ての新成人に延期の周知ができなければ、混乱を招くことから、全庁挙げて、約4400名の新成人のお宅に、延期を知らせる通知文をポスティングしました。また、広報車による巡回放送、防災無線による緊急周知放送、鉄道駅・バス車内・商業施設への周知ポスターの掲示、市内大学の協力による周知、さらに、校長先生方のご協力による各小中学校のブログでの周知、また、当日に、延期を知らない新成人が来られた時の対応のため、式場となる各中学校の校門への従事者の配置など、主催者として、出来うる限りのことを、すべてやり切りました。
その甲斐があって、当日、新成人が延期を知らずに式場の中学校に来ることはありませんでした。
特に、中学校の校長先生方には、自校のブログでのご協力だけでなく、当日校門で待機する職員のために、部屋を開け、暖をとれるようにして、お茶までご用意いただきました。寒波の到来で、凍えそうになって、校門での従事に当たっていた職員は、校長先生の心温まる配慮に、感激していたと聞いています。本当にありがとうございました。
成人祭二十歳のつどいは、この後、早急に、開催日を決めなければなりませんが、今のところ3月の日曜日を、候補日として挙げています。色んなことを考慮すると28日がよいのかなあとも思いますので、あらためて担当課から通知いたします。

□昨年の振り返り
(1)臨時の休校要請について
ここで、少し昨年を振り返ってみたいと思います。昨年は、2020東京オリンピックパラリンピックが、盛大に行われるはずでした。本市では、聖火リレーも予定されていました。前年に開催され、人気を博したラグビーワールドカップ以上の盛り上がりになっていたはずです。
昨年2月27日、突如、安倍首相から、3月2日㈪から春休みまでの臨時休校要請がありました。この期間は、学校にとりましては、年度末の繁忙を極める時期であり、一日たりともおろそかにできない大事な日々でもありました。しかも、急な要請であったことから、何の準備もできないまま、休校に入らざるを得なかったことが、悔やまれます。
その後、緊急事態宣言も出され、新年度に入っても臨時休校が続き、新年度の始業式もできないままとなり、6月15日に、ようやく学校が再開しました。
この長期にわたる臨時休校の子どもたちへの影響は、計り知れず、特に家庭的にしんどい状況にある子どもたちには、厳しいものがあったものと思います。
また、臨時休校の長期化により学習の遅れへの懸念から、ICT機器によるオンライン授業に注目が集まりました。
しかし、一部地域や私学を除き、多くの市町村立の学校では、本市同様に、ICT機器整備の遅れが露呈し、オンライン授業をはじめとするICT機器を活用した学習保障への取り組みは低調でした。
全国的に見れば、オンライン授業等ICT機器を活用して学習保障に取り組めたのは、わずか5%でした。

(2)GIGAスクール構想について
このような状況下、国は、GIGAスクール構想を3年前倒ししました。国は、各市町村学校の脆弱なICT機器の整備を充実させ、一人一台のタブレット配備と高速大容量のWi-Fiの設置のために、膨大な予算を組みました。このGIGAスクール構想により、世界の各国と比べ、後れを取っている、わが国の小中学校におけるICT教育の推進に、弾みをつけようとしました。
本市では、令和5年のGIGAスクール構想の実現に向け、教職員には、早い段階でタブレットを貸与し、早くその扱いに慣れるとともに、授業改善や業務改善に生かしていただく計画でした。しかし、GIGAスクール構想が、3年前倒しとなり、教職員へのタブレット配備と子どもたち一人一台のタブレット配備とが、ほとんど同時期となりました。
これは、想定外の事態ではありましたが、他の地域に先駆けて取り組んでいた枚方市情報教育推進ワーキングチームによる研修会が、その研修会の持ち方、有り方、内容等等、大変優れた取り組みであったことから、大きな成果をあげました。そして、各ワーキングチームの各メンバーは、それぞれの所属校において、ワーキングチームでの研修の成果を生かし、他の教員のICT活用能力向上を図るキーマンとして校内研修会等で大活躍してくれています。この取り組みをはじめ、本市のGIGAスクール構想の実現に向けた取り組みは、他地域の学校関係者等からも、高い評価を得るとともに、文科省も関心を持ってくれています。
二学期末、東京から文科省の担当課長自ら本市を訪れ、枚方中学校を視察しています。磯島小学校も視察予定に入っていましたが、コロナの感染が拡大しており、枚中だけの視察となりました。
校長先生方の多くは、ICT機器の扱いが不得手であったにも関わらず、ブログの作成にも取り組んでいただき、学校の情報発信にご尽力いただいています。

(3)ブログによる情報発信について
昨年11月31日までと期限を切り、ブログの立ち上げをお願いしたところ、それに応えていただき、全ての小中学校でブログを挙げていただきました。このブログは、保護者のみならず、地域の皆さん、市議会議員の皆様もご覧になっておられ、好評を博しています。私も、各学校のブログを見させてもらっています。ブログで、子どもたちの学校生活の様子や、日々職務に精励している教職員の姿を伝えることは、学校の信頼を厚くし、教職員への感謝の念にもつながることかと思います。
せっかくブログを挙げていただいているのに、ブログへのアクセス数が芳しくない学校も見られます。アクセス数を増やすためには、何らかの仕掛けも大事かと思います。アクセス数の多い学校の仕掛けを聞くなどして参考にすることをお勧めします。

(4)校長面談について
11月と12月にかけて実施した、校長面談では、校長先生方の熱意や本気度が伝わってまいりました。校長先生が本気で熱意をもって、GIGAスクール構想の実現に向けて、学校挙げて取り組もうとされていることがよくわかりました。

中学校はすでに、すべての生徒にタブレット端末を配備できました。小学校におきましても、すでに全児童に配備した学校もあり、今月中には、すべての小学校で、全児童へのタブレット端末の配備が完了することと思います。
教育委員会では、一人一台のタブレット配備を機に、次の三つのことに、精力的に取り組んでいただきたいと考えています。
一点目は、タブレットを活用した授業改善。二つ目は、タブレットを活用した子どもたちの個別最適化された家庭学習の定着。三つめは、タブレットを活用した教員の働き方改革。業務改善。です。
今年度は、新学習指導要領が完全実施された年度であり、中学校は来年度実施されます。本来であれば、新学習指導要領を踏まえた教育実践が関心の的になっていたはずです。しかしコロナの感染拡大による臨時休校が長期化したことなどから、新学習指導要領に関する話題が少なかったように思います。一方コロナ禍により、GIGAスクール構想が3年前倒しされ、一人一台のタブレット端末の整備が整いました。

□新年への期待と決意
新学習指導要領が謳う「主体的対話的で深い学び」を実現し、子どもたちの未来のまなびを構築するためには、教員の適切な指導と、ICT教育環境整備は不可欠です。タブレット端末を活用し、主体的対話的で深い学びの実現に向けた授業改善につなげる取り組みを充実させていただきますようお願いしておきます。
結びに、本年が皆様方にとって佳き年となることを祈念申し上げ、ご挨拶といたします。

緊急 緊急事態宣言下の市立小中学校の教育活動について

 昨今の大阪府や本市における新型コロナウイルス感染症拡大の現状に鑑み、子どもたちの通常の教育活動の場に、多くの人が接触するという事を避ける観点から、1月31日(日曜日)まで授業参観等を中止としておりました。
 令和3年1月14日(木曜日)から2月7日(日曜日)の間、大阪府に「緊急事態宣言」が発令されたことを受け、枚方市のコロナ対策本部会議において、2月7日(日曜日)まで、引き続き、延長して授業参観等を中止することに加えて、新たに、府県間の移動を伴う校外活動の中止、部活動における練習試合や合同練習を禁止することとなりましたので、お知らせします。

重要 【重要】図書館は1月31日まで臨時休館を延長します(新型コロナウイルス感染拡大防止)

1月8日更新(概要)
枚方市新型コロナウイルス対策本部会議の決定に基づき、枚方市立図書館は1月31日(日曜日)まで臨時休館を延長し、引き続き、予約資料の受渡しを行います。

ただし、大阪府に緊急事態宣言が発出された場合は当該期間の終了日まで延長します。

2月以降の状況については決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

臨時休館中は、館内での資料閲覧、自習コーナー利用等はできません。

個別の資料についての取り扱いなど詳細は、各図書館・分室に直接お問い合わせください。

自動車文庫による巡回は、ひなぎく号・カワセミ号ではなく、予約資料のお渡しのみとさせていただきます。

利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

利用できるサービス
○予約資料の受渡しなど
図書館の入り口付近で、予約資料の受渡しを行います。

https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000033219.html


画像1 画像1

としょかんの「インターネットよやくサービス」にとうろくしよう!

おうちのパソコンやスマートフォンから本やDVDの予約などができます。くわしくはホームぺージや図書館の人にきいてください。
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000033467.html
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
枚方市教育委員会
〒573-1159
住所:大阪府枚方市車塚1-1-1
TEL:050-7105-8052
FAX:072-851-2187